Facebook Twitter
electun.com

風力発電の賛否両論

投稿日: 1月 1, 2024、投稿者: Rickey Tenamore

したがって、これは実際には風力発電の理論的可能性の議論です。風の長期的な収集と分布は、私たちが現在消費している量と比較して、ある程度の電力を大きくすることができると主張されています。 問題の実際の事実は、風力発電機、太陽光発電エネルギー発電機、水力発電の浸透に加えて、機器の価格と複雑さが重要で特に重要であることです。 連邦予算が最も重要なシステムまたはシステムのみのために資金を提供している方向であると思われるかもしれません。 したがって、おそらく代替エネルギーを得るための最も有望な方法を発見することは、論争の鍵かもしれません。 | - |

(デンマークを除いて)これらのエネルギーの10%以上を風から蓄積することはできないようです。 本当の質問は、言うまでもなく、すべての人にとって - sakeって、私たちの世界に関しては、風力発電は、さらなる研究と発見のために設計されたすべての代替エネルギーの可能性から実質的な資金調達の最も有望な理論的証拠をおそらく提供しますか。 | - |

理論的には、エネルギーの分布のために風力発電所を作成するのに十分なエネルギーをターゲットにする場合、今日の世界を使用している世界と比較して、すべての電気エネルギーよりもはるかに多くを補償することができます。 それにもかかわらず、水力発電と太陽光発電エネルギーは、大幅に役立つと考えられてきました。 したがって、これは、利用可能なリソースを焦点を合わせ、特に効果的なグローバル開発を追加するために焦点を合わせなければならない種類の代替エネルギー源を見つけるための難しい呼びかけです。 | - |

「断続的」と名付けられたものは、かなり多くの代替電気生産を置き換えるための風力エネルギーの適用に関する非常に重要な問題です。 広大な風力発電を考えているときの懸念の中で、風の予測不可能性があるかもしれません。 残念ながら、最高品質の機器を持っているにもかかわらず、テクノロジーが天気に関して行ったすべての進歩にもかかわらず、テクノロジーが行ったすべての進歩にもかかわらず、テクノロジーは予測に依存することはできません。 特に、要素のパターンを長期にわたって予測したい場合、風力発電のアイデアが疑問視されます。 | - |

風力エネルギー、および太陽エネルギーといくつかの水力発電の研究も、多くの管轄区域でいくらかの資金を割り当てられています。 まったく同じ理由で、多くの人々が、代替エネルギー源を利用するために住んでいるアメリカ管轄区域からインセンティブを与えられています。 たとえば、固定資産税の免除、義務付けられた購入、たとえば「グリーンクレジット」などの他の市場などのインセンティブは、たとえば他の国とともに、カナダとドイツは、他の形態のインセンティブとともに税額控除を提供します。 風力発電機の建設 /設置。 | - |

1980年代のため、風力発電機によるエネルギー生産のコストは枯渇し続けています。 したがって、風力発電は良い考えであり、世界的な脅迫的な問題に対する国際的な解決策の主要な候補です。 | - |